火災保険で雨漏りが補償される条件とは

火災保険は文字通り、火災で発生した損失を補償するための保険です。しかし加入している保険のタイプによっては、火災以外の原因で発生した損失が補償されることもあります。どう言った対象があるかと言うと、風災や水害と言った自然災害です。雨漏りの被害は、建物に対する雨への備え、屋根や外壁などが強い風や突風などによってダメージを受けることで発生すると言う認識がされています。

よって風災の対象となるため、火災保険で損失が補償されることもあります。ですがそのためには条件もあります。まずは発生した雨漏りの原因が風災によるところだと言う点です。たとえば建物が老朽化していて、外壁塗装などが剥がれ落ちていたとか、屋根瓦の歪みなどがもともと発生していたと言う場合は、いつ雨漏りが発生してもおかしくないと言える状況であるため風災であるとは認定されない場合がほとんどです。

よってこの場合には、火災保険が適用されません。それから被害を確認してから3年以内に保険申請を行う必要があると言う点です。ほとんどの場合、雨漏り被害が確認されてから速やかに申請をすると思われます。しかし中には被害が後から出てくる場合もあります。

その場合でも、やはり速やかに申請を行わなければいけないと言うことです。そして実際の修理にかかった費用が20万円以上であると言うのも、条件のひとつです。ただしこの点に関しては、実際に加入している保険によって異なるので一概ではありません。一定額に満たなくても補償が適用される火災保険もあるので、その辺りは確認しておく必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *