風災による雨漏りなら修理後でも火災保険の申請が可能

梅雨時期の豪雨や真夏のゲリラ豪雨、台風による大雨など雨の被害が多い近年では雨漏りのトラブルに見舞われることも多いのではないでしょうか。屋根の修理は意外と費用が掛かるものですが、雨水の浸水を放置しておくと、クロスや家財など屋内にも深刻なダメージをこうむる為、修理せざるを得ない場合が多いでしょう。あまり知られていないのですが、台風などの強風によって屋根瓦や雨樋が損傷し、雨漏りが起こった場合は火災保険が適用されます。雨漏りの原因が建物の老朽化である場合は火災保険の補償の対象外ですが、台風などの被害が多い地域では風災による被害とみなされることが多いので、自己判断で老朽化としてしまうのはもったいないことです。

少しでも風災による被害が疑われる場合は、専門の調査会社に依頼して保険が適用されるかどうか見てもらうようにしましょう。雨漏りの修理に火災保険が使えることを知らずに、すでに修理をしてしまった場合は諦めるしかないのでしょうか。すでに工事をしてしまった場合でも、2年以内ならさかのぼって保険の申請をすることが可能です。すでに支払った修理費用が戻ってくるのですから、積極的に利用するようにしましょう。

申請するためには風災によって破損したという証拠が必要なため、工事前の写真、工事後の写真、修理費の見積もりと領収書を揃えて提出する必要があります。雨漏りが風災による被害なのであれば、すでに修理をしてしまった後でも火災保険を活用して修理費用を取り戻すのがおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *