トイレ交換のタイミング

トイレ交換とトイレ修理はどちらが得なのかご存知でしょうか?水が流れない、手洗いの水が止まらない、タンクの水が止まらない・たまらない、給水管からの水漏れ、ウォシュレットからの水漏れ、トイレつまり、便器の床から水漏れなど、トイレの問題は突然発生するもので数えればキリがありません。トイレは約10年ほどで「故障・不具合」が発生するのが非常に多いのです。トイレが割れてしまった場合はトイレ交換をしなければいけないのですが、トイレ自体の寿命というよりも、トイレタンクの部品とかウォシュレットに問題が発生することが多いようです。こういう時、「修理」するか「交換」がいいのか悩む所ではないでしょうか?それぞれの価格も業者や便器自体の種類によっても違います。

トイレを交換するポイントは、「節水効果」を見るのが良いでしょう。とある調査では、「トイレの水の量」をもったいないと感じる人が非常に多いと言う事実があります。ですが、ほとんどの人が「トイレの流れる水の量」を知らないと答える人が圧倒的に多数です。ちなみに、「トイレの大と小の水」を使い分けは半数の人が節水意識から使い分けているようなので、多くの人はトイレの水を賢く節約したいと考えているようです。

最後にもう一度言いますが、トイレ交換をするポイントは「節水効果」です。最新のトイレには節水効果を重視されたトイレもありますので、少しだけでも意識してもらえれば幸いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *