トイレ交換するなら最新の節水型トイレがお得

トイレは通常10年ほど使用していると、故障や不具合が発生する傾向が高いです。ご家庭のトイレの場合、新築なら10年は耐えることができますが、やはり10年を過ぎると、様々な問題がちらほら出てきます。この時に、トイレを修理するかトイレ交換するかで迷うところだと思います。トイレが流れにくい、タンクのつなぎ目から水もれ、排水部分から水が漏れ出ているなどのトイレの問題が出た場合、ほとんどの方は交換ではなく、修理をご検討されることが大半です。

では、修理と交換ではどちらが安いのでしょうか。実は、水道修理屋さんのホームページ、あるいは広告などの価格は一見すると安いように感じますが、これらは基本料金を提示しているだけのことがほとんどです。修理に必要な「部品代・修理費用・出張費用」などを合計すると結果的に数万円ほどになってしまうのです。そこでおすすめなのが「最新の便器にトイレ交換」していしまうことです。

先程も記述したように、トイレは新しい物なら10年は故障なく使えます。最新のトイレは節水型トイレなので、10年の水道代を計算すると14万円以上も節約できるのです。初期費用にあまりお金をかけたくない人には「かんたん分割払い」といったものもありますので心配はいりません。さらにトイレ交換はトイレの雰囲気を変える機会でもあります。

この際もっと良いトイレリフォームをしてみてはいかがでしょうか。最後に、最新型のトイレに交換することの方が結果的にお得だということがお分かりいただけたでしょうか。トイレに関する問題は生きていれば必ず発生する問題ですので、皆さんも是非最新のトイレをご検討してみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *