トイレ交換 老後のことも考えましょう

トイレは家族全員が必ず毎日使うところです。15年~20年を過ぎたころから便器や タンクが変色し始め、臭い、汚れが取れにくくなります。ですから、どんなに一生懸命に掃除してもトイレが臭うのは、便器のふちの内側や便座や蓋の間に溜まった汚れの臭いなどが原因です。こんな「サイン」が出ているとトイレ交換を検討します。

年齢にもよりますが、年をとるとトイレの使い勝手は変わりますし、トイレに行く回数も増えてきます。 老後のことも考え、楽に使えるように、またコストも抑えられるようなトイレ交換を今のうちから考えておきます。最新の便器は、汚れの溜まりやすい、ふちやデコボコの無いフラットな設計はもちろんのこと、汚れが付きにくく、掃除がしやすい、回数も大幅に減らせる表面加工になっています。また、1回の流す水量が10年前の三分の一以下の4リットルほどで済み相当の水が節約できるなど、トイレを交換することで家事や家計がかなり減らせると言う大きなメリットがあります。

また、今ではタンクレスのトイレも作られています。タンクの上で手を洗うのは使い勝手が悪いもの。タンクレストイレは既存の給排水管をそのまま利用することで新しく手洗い器を取り付けることもできます。新規の給排水工事の必要が無く、その分工事が簡単に安くできます。

また、便器、 タンクの交換だけでなく、壁や床、紙巻器なども一緒に取替えて、さらに手すりをつける、という全体を新しくするトイレ交換の検討も必要です。足腰が弱ってくると、手をついて身体を支えながら立ち上がるようになります。トイレに手すりが無いと、つい紙巻器 や タオル掛けに摑まってしまい大変危険です。全体重で転んでしまうと、骨折などの事故になる恐れもあります、「手すり」 は必ず取り付けをしておきましょう。

「ひじ掛けタイプの手すり」であれば、腕全体で体重を支えることができ、握力が弱ってしまっていた場合でも安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *