お風呂をリフォームするときのポイント

お風呂をリフォームするときは知識がないまま行なうとリフォームに失敗する可能性があるため、ある程度知識を知っておくことが必要といわれています。お風呂のリフォームといっても床や壁などの一部分か、お風呂を含めた浴室全てで行いたいかということで方法が異なるため、業者に依頼する前にイメージを固めておくことが大切です。浴室は1日の疲れを解消する場所でもあるため、利用しにくいと感じたときに業者に依頼すると良いでしょう。また、浴室内にヒビがある、水が流れにくい、脱衣所の床に違和感があるといったような異変があるときも依頼するタイミングといえます。

浴室には裸で入るため床の素材は転倒防止や思わぬ事故を防ぐためにも、滑りにくい素材を選ぶと良いでしょう。高齢者や小さいお子さんがいる場合は、段差がないバリアフリー設計にするのもおすすめです。浴室内はそれほど広さがないため水栓金具の取り付ける位置にも注意が必要です。洗い場の横や背中側に取り付けてあると体を動かしたときにぶつけやすく、思わぬケガにつながる可能性が高くなります。

安全面のためにも金具は凹凸のデザインがなるべく少なく、洗い場の正面に取り付けるようにしましょう。脱衣所との温度差が激しい浴室であれば、ヒートショック現象を避けるためにも浴室内に浴室暖房を取り付けるなどして温度差を少なくすることも大切です。同時に乾燥機も取り付けることで、湿気の多い時期のカビの発生を予防する効果もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *