お風呂のリフォームで手に入れたい安全な浴室

家の中で危険な場所とよく言われるのがお風呂場です。高齢者が利用する時に滑って転倒する危険性や、浴槽への出入りに際して足を滑らせるなど様々な危険が潜んでいる場所としてよく例に挙げられます。それでも毎日の入浴というのは一日の疲れを取り除くためのかけがえのない心地よい時間であることは年齢に関係なくだれもが感じるものです。でも、そんな大切な時間を過ごす場所が足腰の弱った高齢者にとってとてつもなく危険なものでは意味がありませんね。

お風呂のリフォームは浴室をだれ絵もが安心して利用できる場所にするためにもとても効果的な手段です。例えば、浴槽への出入りが楽にできるように工夫されているものや、滑りにくい加工を施した床材、適所に手すりなどを取り付ける事で体が弱っても自力で体を支えやすいような工夫が施されているなど、リフォームのタイミングで様々な設備を取り入れる事ができます。また、冬のお風呂での事故でよく言われるのがヒートショックによるものです。浴室と他の部屋との急激な温度差で心臓などに大きな負担をかける事がその原因として考えられます。

リフォームのタイミングでヒートショックを予防するための浴室暖房などを取り入れれば、より安全で安心して入浴を楽しめるお風呂にすることができます。浴室の暖房だけでなく乾燥室としても利用できるなど、現在は使い易い設備機器も数多くあるので、必要に応じて取り入れる事でより快適で安全性の高いお風呂が完成します。水漏れトラブルの修理のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *