蛇口からの水漏れ修理でキッチンの場合に検討する内容

蛇口からの水漏れは、どのようなメーカー品を使っていても経年劣化により起きてしまうことは避けられません。少量でも水道料金や室内環境を考えてみると、早期に修理を依頼することにメリットがあり、遅らせることをしてしまうとカビの問題や水垢の問題も出てしまうので即対応を心掛けることが正しい行動です。蛇口の水漏れがキッチンの場合は、環境次第では修理で済ませる方法と交換を検討する方法も考えると快適性を得られる可能性は高まります。新しいキッチンの場合はレバー式を採用しており、レバーを自在に操ることで水温の調整から水量の調整も行えます。

このタイプをお使いの場合は修理だけで簡単に済ませることでも何ら問題はありませんが、2ハンドル式の蛇口を使っている住宅では、水漏れをきっかけにレバー式に交換をすることも選択肢に入れると良い環境を作り出せます。2ハンドルの場合は操作性は良いとは言えず、湯と水の量をそれぞれのハンドルで調整する方法なので、レバー式に交換するといつもの手間を軽くすることができるようになります。レバー式でもワンホール、ツーホールに分かれており、最新のキッチンはワンホールが圧倒的に多く採用されています。どちらを選べば良いのか判断できない場合は、修理会社のスタッフからのアドバイスで決めれば安心です。

元々の構造がツーホール式の場合でも、給水管の分岐パーツによってワンホールに仕上げることはできますが、作業費が大きく掛かってしまう可能性があるので、料金プランを確認してから決めても遅くはありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *