劣化した蛇口の水漏れ修理について

蛇口は単純な作りではなく、内部には小さな部品がいくつも重ねられているので、長年同じものを使用することで当然ながら劣化していきます。劣化を具体的に言うと「水漏れ」であり、様々な箇所から起こることがあります。例えば、水が出る吐き出し口(吐水口)やハンドル部分、壁と水栓の接合箇所などです。一番多いのはハンドル部分からの水漏れであり、ハンドルをしっかり閉めても下から水滴が垂れたり、吐き出し口から水が垂れたりといった状態になります。

水漏れが起こっているにも関わらず放置すると、まず打撃を受けるのが家計です。使用していない分の水道料金をも支払わなければなりませんので、当然ながら水道代が跳ね上がります。数秒に1滴程度なら大したことはないと思うかもしれませんが、1日を通してみると何リットルも無駄に水が流れていることもあります。気になる場合は一度洗面器で受けてみるとよくわかるでしょう。

蛇口の水漏れ修理のほとんどは、パッキンを新しくすることで解消されます。ハンドルを外し、中に入っている小さな部品を交換するという比較的簡単な作業で直ります。内部にあるコマパッキン(ケレップ)を交換すると直ることが多いのですが、長年メンテナンスをしていない蛇口であれば、他の部品も劣化していることがあるため、良い機会なので他の部品も新しくすると良いです。修理は素人でもできる作業ですが、自信がない場合は触らない方が無難です。

他の箇所を破損してしまうと修理費用が余計に掛かるためです。できないと思ったら水道会社に連絡を入れて、プロが到着するのを待ちましょう。蛇口の漏れの修理のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *