トイレのパイプが破損した時の修理

トイレのパイプが破損することは滅多にありませんが、万が一発生しても修理を行うことが可能です。

使用するのはパテやシールであり、ホームセンターでも普通に売られています。これで一時的には水漏れがストップするため、しばらくは特に手を加えることなく過ごせそうです。ただし、応急処置の意味合いが強い処置ですので、複数の穴が開いていたり、大量の水があふれ出している場合には有効ではありません。あくまでも症状が軽い時のための修理であり、比較的新しいパイプに効果的です。手順を確認すると、水漏れしている箇所を確認してから止水栓を閉めます。閉めたら水漏れ箇所を濡れた布巾等を使って汚れを落とし、パテやテープの準備をします。

パテを使う場合には必要な分を切り取って、1~2分ほど練り込む作業が必要です。練り込むと色ムラが無くなります。補修する材料の準備ができたら問題の場所につけていきますが、パテは盛り付ける時に隙間ができないようにすることが大切です。塗ると15分ほどで固まります。テープの場合にはぐるぐる巻きにしていき、最後に端を強く押し付けてくっつけます。

いずれの補修材も一定時間が経てば固定され、固定されたら修理は完了です。トイレではパイプ部分が破損すると水浸しになりますので、主なステップを覚えておくと便利です。軽度な水漏れならこのように必要な材料を揃えてステップを確認するだけで修理できますので、トイレでトラブルが発生しても慌てる必要はありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *