トイレの修理を自分でしてみる

生活していくうえでなくては困るトイレが、急なトラブルに合ったらどうしたらよいのか焦ってしまいます。

自分で解決できそうなことであれば、修理してみると良いです。トイレのトラブルで多いことは便器内に落としたものやトイレットペーパーの詰まりやタンクの下からの水漏れ、タンクに水が溜まらないことなどがあります。タンクの下から水が漏れてしまう場合の解決方法は、まずは止水栓を閉めタンク内の水を流します。タンクの蓋を開けて樹脂カバーの上に水が溜まっているか確認します。タンクの蓋の裏にある整流スポンジが潰れている場合は、きれいに剥がし取り、新しい整流ジャバラと交換して貼り付けます。排水口部が整流ジャバラの開口部に入るように気を付けて取り付けることで修理できます。

レバーハンドルががたついて気になるようでしたら、止水栓を閉めてからタンク内の水を流し、タンクの蓋を開けてレバーハンドルを手で押さえながら、タンクの内側にあるナットを手で締め付けます。ナットの形状は二種類ありますが作業は同じなので、自分でも修理することができます。ウォシュレットが作動しない時は、電源プラグが入っていない時や止水栓が閉まっている、リモコンの電池切れなどの場合があります。電池交換ならすぐに直すことができます。作動しない時は自分では対応できず修理できない機種もあります。便座や陶器にひびが入ったり、便座が異常に熱く調整できない時や、いつも製品に水滴がついていて気になる時などは専門の業者に相談してみた方が早急に解決できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *