トイレの詰まりをハンガーで自力修理

トイレが詰まってしまった場合、すぐに専門家に修理を依頼するというのも有りですが、高い修理代金をとられるので、自分で直せる程度の軽い症状なら、自力でなんとかした方がいいかもしれません。

トイレットペーパーや便が詰まっている程度の軽い症状ならば、自分でなんとかできることも多いです。自力でできるトイレ詰まりの解消法として、ハンガーを使った方法があります。ハンガーを切って先端を丸くして便器の中に入れてやり、詰まっているトイレットペーパーや便を押したり削ったりして解決を図ります。いわばハンガーをパイプクリーナーワイヤーとして使おうということです。この時に使用するハンガーは、針金タイプのものでなければなりません。

それもなるべく細い針金ハンガーである必要があります。太いと針金が思うように便器の中に入れられません。この方法は、あくまでもトイレットペーパーなどが詰まった軽度の場合の対処法であり、携帯電話やスマートフォンや財布などの固形物を便器に落とした場合には使うことができません。固形物を落とした時にこの方法を使うと、固形物を余計奥に押し込んで事態を悪化させてしまう可能性もあります。

固形物を落としてしまった場合は、潔く専門家に修理を依頼してしまった方がいいでしょう。それ以上奥にいってしまったり詰まりが悪化するのを防ぐために、止水栓や元栓を閉めて水が流れないようにし、専門家が来るのを静かに待つのがいいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *