トイレの修理費の相場

トイレの修理費は業者によって異なっており、その理由はそれぞれで料金体系を設けているからです。

基本的に現地で修理するトイレを調べ、その場で見積もりを出すスタンスは共通しているものの、自分で解決する方法と業者に依頼して解決してもらう方法ではコストが大いに違います。自分でトイレを修理する際にかかるコストは道具の費用だけで、例えばラバーカップは500円から3000円、パイプクリーナーなら1000円から3000円かかります。他にも重曹やゴム手袋などありますが、一品につき最低でも200円から3000円が自分で解決する方法の相場です。一方で業者に依頼する場合は、トイレの修理で約4000円から8000円を支払う事になります。

この金額は絶対的であるものの、業者が調べた結果によっては追加料金が発生する可能性が大きいです。例えば水漏れが確認され、その改善もするなら約4000円から1万8000円、高圧洗浄やその器具を用いたなら1万5000円から10万円の料金が追加されます。少なくとも出張依頼や深夜及び夜間に依頼したなら尚更で、3000円から1万円が平均的な相場です。

コストだけで判断すれば自分で解決したほうが有益ですが、トイレの修理では部品を交換したり排水管を清掃しなければならなかったりなど専門的なスキルが求められるケースもあります。なので業者への依頼は簡単に一蹴できず、むしろ業者に依頼したほうがコストが軽減される事も数多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *