トイレ修理でつまりが頻繁に起きるときの対処方法

トイレ修理が必要なほどつまりが頻繁に起きて、その都度プロにお願いしているとかなり出費がかさみます。

築後年数が経過しているなら、高圧洗浄を受けるとか配管替えなどのリフォームを検討してみるのもよいでしょう。排水桝の蓋を外し、流れていかないような汚れがびっしりとあったら、配管内部も同等の状態だと考えられます。対応をおろそかにしていると、トイレ修理以外も頼む必要性がでてくるかもしれません。まだ築後それほど経過していないのに頻繁につまりが発生するときには、排水配管の仕方が悪い場合が考えられます。継ぎ手の接続が悪かったり誤った位置で繋がれていたり、地中埋設排水配管の傾斜が足りないなどいろいろ理由が考えられます。一度排水配管に不備がないか、プロのチェックを受けたほうがいいです。

このとき、家の配管図があるとスムーズに調査を進めることができます。排水配管に何の問題もないのに、つまりが起きるときには流す水の量が不足している可能性があります。もともと節水タイプの製品がありますし、給水量を絞って調節できたりもするから、極端に使う水量が少なくないか確かめましょう。排泄物を一度で流せないほどの水量しかないときは足りないので、もう少し水が流れるように調節すれば、つまりにくくできます。便器内の排水からニオイが逆流してくるようだと、水量が足りない場合があります。トイレ修理でつまりの回数が多くなったら、あらゆる可能性を考えて対応しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *